biography

logo

岡部 駿佑/Okabe Shunsuke

 

Tokyo fashion insider. Haute couture enthusiast. Digital age media brain. Shunsuke started up his career during his student era at Yokohama National University in Japan, working for Tokyo based fashion veteran Tiffany Godoy, and her magazine The Reality Show. After working 4 years for numerous of international editorial projects, he started working as a freelance editor, contributing to publications such as WWD Japan, Numero China, Nylon Japan and i-D Japan, along with styling role for various projects. In 2015, he was appointed as an editorial director of online high fashion media The Fashion Post, setting up the media concept and website, covering international fashion calendars from Paris to NY, interviewing celebrities such as Gaspard Ulliel, Alicia Vikander, Renee Zellweger, Miyavi, Mademoiselle Yulia, as well as designers including Alber Elbaz, Jack McCollough and Lazaro Hernandez from Proenza Schouler, Stephen Jones and Simone Rocha.

1990年生まれ。横浜国立大学在学時よりファッションエディターのティファニー・ゴドイに師事。同氏が編集長を務めるインデペンデント誌『The Reality Show』の編集部員としてキャリアをスタートし、その後フリーランスのエディター、スタイリストとして独立。寄稿媒体は『WWD Japan』、『Numero China』、『Nylon Japan』、『i-D Japan』等。エディトリアルのほかに広告やミュージックビデオなど幅広いスタイリングプロジェクトも手がけており、2014年に東京で開催されたChanelのランウェイショーにてセレブリティスタイリストとして参加している。オートクチュールやハイジュエリーをはじめラグジュアリーカルチャーに対する深い造詣で名だたる著名ブランドから支持を集め、2015年にはスイスの名門高級時計メーカーVacheron Constantinのグローバルツアーにてアジアで唯一のデジタルインフルエンサーとして選出されている。2015年にはインデペンデントのハイファッションウェブマガジン『The Fashion Post』のエディトリアルディレクターに就任。編集に加え、ウェブサイトのリニューアル、ソーシャルメディア戦略までメディアプランニングの全般を手がける。インタビュー実績はギャスパー・ウリエルやアリシア・ヴィキャンデル、レネー・ヴェルウィガーをはじめとするハリウッドセレブリティに加え、アルベール・エルバスやスティーブン・ジョーンズ等。